• 2017/10/17

    【シリーズ38】 生命保険の活用(遺産分割対策)~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    【シリーズ38】 生命保険の活用(遺産分割対策) ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外であり、被相続人は生前から自分の意思で特定の受取人に一定の財産を相続させることが可能となります。また、生命保険金を遺留分対策として利用することも可能です。

     

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/16

    【シリーズ37】 生命保険の活用(二次相続対策) ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    【シリーズ37】    生命保険の活用(二次相続対策) ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    相続が発生した場合に備えて生命保険を活用する際には、二次相続を踏まえた上で対策をすることが重要となってきます。

    一次相続・二次相続を通算した相続税額の軽減に役立つ生命保険の活用や「生命保険契約に関する権利」を活用した対策など、受取人を工夫することで生命保険金への課税軽減を図ることが可能となります。

     

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/13

    【シリーズ36】 生命保険の活用(納税資金対策) ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    【シリーズ36】 生命保険の活用(納税資金対策) ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    相続財産のほとんどが自宅などの不動産であり、現金や預金があまりない状態のまま相続が発生すると、相続税の納期限までに納税資金が準備できずやむを得ず相続財産の一部を売却するなど納税資金に困るケースが考えられます。

    納税資金を確保するために比較的簡単な手続として生命保険への加入が有効です。想定される相続税額を正しく算出し、納税資金として生命保険でいくら確保するのか、保険料でいくら支払うのか、受取人を誰にするかなど事前にしっかり検討することが重要です。

     

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/12

    【シリーズ35】 生命保険金の相続税の非課税枠の活用 ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    【シリーズ35】 生命保険金の相続税の非課税枠の活用 ~相続発生前の対策/生命保険による対策~

    被相続人が被保険者であり、受取人が相続人である場合には、相続の際にその死亡保険金について一定の金額まで非課税となり相続税が課されません。

    保険については契約者(保険料負担者)・被保険者・受取人が誰であるかにより課される税金の種類が変わってきますので保険加入前にはこれらの課税関係を十分考慮し、将来を見据えたプランを選択することが重要です。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/11

    【シリーズ34】 上場株式の贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ34】  上場株式の贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    上場株式を贈与した場合には、贈与した時点の株価で贈与税の計算をするのではなく、評価の安全性を考慮して、贈与した月を含む3か月間の最終価格の月平均額のうち最も低い価額で評価します。よって、株価が急に上昇した局面では、上昇前の株価で贈与することが可能となるため、贈与税の節税に効果があります。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/10

    【シリーズ33】 配当還元価額による非上場株式の贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ33】配当還元価額による非上場株式の贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

     

    オーナー株主の自社株に係る相続対策として、株式の一部を贈与することで持ち株を分散し、相続財産を減らす方法があります。

    非上場株式をその会社で経営支配力のある同族株主等へ贈与する場合にはその株式は原則的評価方式で評価することになりますので、高収益の会社や長年利益を内部留保してきた会社の株式の評価額は高くなり、多額の贈与税がかかることがあります。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/6

    【シリーズ32】 非上場株式等に係る贈与税の納税猶予制度の活用 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ32】 非上場株式等に係る贈与税の納税猶予制度の活用 ~相続発生前の対策/贈与による対策~
    事業の後継者が、先代経営者から経済産業大臣の認定を受ける非上場株式等の全部又は一定数以上を贈与により取得して、その会社を継続的に経営する場合で一定の手続きをしたときは、その後継者が納付すべき贈与税のうち、その非上場株式等に対応する贈与税の納税が猶予されます。この猶予される贈与税額を非上場株式等納税猶予税額といいます。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/5

    【シリーズ31】 後継者への非上場株式の生前贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ31】後継者への非上場株式の生前贈与 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    現経営者が、その所有する株式を保有したまま相続が始まると、遺産分割や相続税などの諸問題が生じるおそれがあります。そこで、そうした諸問題を回避するためにも、株式の生前贈与を行うことが効果的となります。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/4

    【シリーズ30】 農地の贈与税の納税猶予制度の活用 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ30】 農地の贈与税の納税猶予制度の活用 ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    農業を営む個人が農業の用に供している農地等を、農業を引き継ぐ推定相続人のうちの1人に一括贈与した場合には、その贈与を受けた推定相続人が農業を営んでいる限り、その農地等に係る贈与税の納税が猶予されます。

    (さらに…)

    もっと見る
  • 2017/10/3

    【シリーズ29】 高収益な賃貸建物の贈与で節税ができる! ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    【シリーズ29】 高収益な賃貸建物の贈与で節税ができる! ~相続発生前の対策/贈与による対策~

    親(被相続人)が収益性の高い賃貸マンションや賃貸テナントビルを所有している場合、その収入は将来にわたって被相続人の財産を形成していくことになり、最終的にはその賃貸建物により蓄積された預貯金等に対して相続税が課されます。建物を贈与することによって被相続人に蓄積されるべき財産を相続人で蓄積することが可能です。

    (さらに…)

    もっと見る
1 / 512345